04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

新年早々トラブル 

年が明けて少したってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年はマセラティを購入しブログを始め、新しく知り合えた方も多かった1年でした。
今年はイタ車ライフでどんな1年になるかな…っと思っている新年早々ギブリにトラブルがー。

少し前からオルタネーターのベルトが緩んるのは、ベルトがすべってる鳴きで分かっていたのですが、
まさか走行中にいきなり切れるとは~(涙)

オーディオの電源が何度か繰り返してダウンし、電圧も下がっていよいよやばいかな~っと思っていると、突然電圧の警告灯が赤く点いた。急いでクルマを路肩によせて、エンジンフードを開けると無惨にもファンベルトの残骸が。まさかファンベルトが簡単に切れるとは思ってもいなかったので、メンテを怠ったつけが来た訳です。幸い交通量の少ない道だったため、寒さに震えながらもレッカー車を待つ事ができたのでした。

ギブリをレッカーで運び込んだショップのメカニックの人が言うには、恐らくベルトの緩んでいる所に急激なトルクがかかって切れたのではないかと。それと、切れたベルトがタイベルに巻き込んでバルブクラッシュような重症にならなかったのがせめてもの救いだったと。

もしかしてナビダウンの原因はファンベルトの緩みによるオルタネータの発電不足に、電動ファンなどの電圧が下がる要因が重なって起きたのではないのかな?




スポンサーサイト
maserati  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメント

タイベル巻き込まなかったのが、不幸中の幸いでしたね。

ちょっと話しが飛躍し過ぎかも知れませんが、ギブリとデルタって似た匂いがするんですよね、自分には。

70年代までの基本技術を80年代以降の”イタリア的”最新技術でマネジメントしようとしている感じ。綱渡りみたいなところを天才的な感性で麻薬的なクルマに仕立てていますが、”日本的”なリスクヘッジ感覚は乏しいので、考えられないようなヘンテコトラブルが多かったりするあたりが。

デルタなんてイタリア人に言わせれば、「細かいことは気にするな。SS1本もちゃあいいんだ、このクルマは。」とか平気で言いそうですからね(笑)

URL | なっくん #-

2011/01/12 14:12 * edit *

Re: タイトルなし

電気系が弱いイタリア車が電子制御をしているのだから悩ましいのです。70年代のコンピューターのないクルマの方が逆に壊れにくいかも。いずれにせよ火傷をしそうな危うさがイタ車の魅力なのですけど。

URL | nyasha #-

2011/01/13 00:18 * edit *

僕のギブリも新年早々

オーバーホールしたエンジンのウォーターポンプよりラジエーター液漏れが発生いたしました(笑)!で、入院中です。

昔、カウンタックで首都高を走行中にオルタネーターベルトが切れた事が有ります。
が、エアコンとオーディオをオフにして横浜のみなとみらいから横浜市鶴見区のショップまで走る事が可能でした。
古い車は電気の消費量が少ないですね!
ちなみ、当時は予備のバッテリーを積んでいました。

URL | はなっぺ #-

2011/01/20 02:02 * edit *

Re: 僕のギブリも新年早々

オーバーホールしたのに、トラブルとは災難ですね。結局手を入れてない所が壊れる。トラブル連鎖のループ状態ですね。
買ってからまともに走れてないとはお気の毒です。(涙)

URL | nyasha #-

2011/01/20 12:37 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://monte20.blog136.fc2.com/tb.php/25-f0d26f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。