03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

やらかしてしまった 

この休みを利用して156のオイル交換を行った。今までに何度もやっていることなので、難しい事は何もないはずだったのに…
オイルドレンプラグを六角レンチで外すと時に間違えて逆方向に力いっぱい回してしまったのだ。その時は締めすぎたかな?程度しか思っていなかったがオイルをすべて抜きとった後、閉めるべきプラグを見るとネジ山に無数の金属片が付いてきた。やな予感がしつつもプラグを締めこんで行くと…あれ?閉め込んで行っても空回りして完全に閉まらない!!やばいオイルパンのネジ山を壊してしまった〜(汗

いつまでも途方に暮れていても仕方ないので、とりあえず応急処置としてネジ山にシーリングテープを巻いて、ワッシャーを三枚重ねてどうにか閉めこんだ。当然増し締めするトルクもなく緩いままですけど、オイルを入れて動かせるようにしておかなければ邪魔になるだけだ。

今の状態で油圧を掛けるとオイルが漏れるので普通に走行できる状態ではないな、休み明け修理行きだ。余計な出費を掛けることになってしまった。オイルパン交換にならなければ良いが。。。

P1010404.jpg
ネジ山を壊してしまったオイルドレイン。ネジ山補修で何とかならないか。
x1/9やモンテのオイルパンが鉄製なのか、こんなトラブルは無かった。アルミ製のオイルパンは閉めるトルクに注意しないとネジ山破損をしてしまう。{教訓}

P1010408.jpg
クルマの移動でいちどしか動かしていないのに、ご覧のようなオイル溜りがが…
これでは走行は無理だ。
スポンサーサイト
alfaromeo  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://monte20.blog136.fc2.com/tb.php/124-d2c9ec2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。