04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

電気系のトラブルシュート 

最近になってようやく涼しくなり、やっとエアコンレスのX1/9にも出番がまわってきました。久しぶりにエンジンをかけようとしたところ、イグニッションキーをいくら捻ってもセルが回るだけでエンジンは一向にかからない。

仕方なくプラグを外してチェックすると、ガソリンでビショビショ。ガスは来ているが火花が飛んでない。
以前の復活の時と同じで電気系の問題のようだ。
前回は奇跡的に目覚めたのか、今回はまったく掛かる様子がない。
なにが原因なのかとりあえずチェックしてみた。

まずテスターでイグニッションONでコイルまで電気が来ているかチェック。
これはOK.
その先のスパークテストはひとりでは出来ないので、助手としてめんどくさがる嫁を引っ張り出してスターターを回してもらった。
プラグからコードを外して火花が飛ぶかチエック。やはりNG。
コイルから電気が出ているのかをコイル直でプラグコードを引いて金属に近づけて花火が飛ぶかチェック。これもNG。

大元のコイルから電気が出ていない。コイルの問題?
とりあえず在庫で持っていた新品のイグニッションコイルをひっぱりだし、差し替えて先程のテストをしてみると、バリバリ火花が炸裂!
よっしゃーとプラグコードを戻して、エンジンをかけると一発で始動!
これで問題解決!

RIMG1563.jpg
交換したマレリーのイグニッションコイル。
RIMG1564.jpg
外したイグニッションコイルはデンソウ製。さすがに20年経つので寿命なのかな。

ようやくエンジンが生き返ったはずのX1/9、またウンともスンとも掛らなくなってしまった。
原因はコイルではないのか orz
スポンサーサイト
fiat  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://monte20.blog136.fc2.com/tb.php/106-c69ebfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。