06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

そうだクラシックカーを買ってみようかな#3 

クラシックカー購入にあたり幾つか候補をあげてみたけれど、馴染みの無い60年代のクルマを写真やイメージだけで決めるのはやはり無理があるなと思ったところです。当たり前な話ですが、こんなクルマがあれば面白いかなと気軽に買える財力は持ち合わせてないし。。。
だからといってクラシックカー購入をあきらめた訳ではなく、自分が憧れを抱いた70年代のクルマを選択肢に加えてみた。
やはり子どもの頃に夢中になった70’s カロッツェリア イタリアーナが刷り込まれているもので、そこは外せないのかなと。

dino308gt4 74年型
以前からそれとなく探していたクルマですが、これがなかなかいい個体に巡り会えず。完全オリジナル状態で74年デビュー時のferrariではなくdino!これが譲れない条件であるため、ネットでそれに見合う物件に出逢わないのだ。売りに出ている個体はどれもヤレた物ばかり。それでも某国内ショップでは状態の良い個体を探して来ている。その店から買えれば良いのですが何しろ高い!川上の情報はコネクションがないと無理なのか?ネットだけの情報では無理だと思えてきた。


前から気になっていたが購入候補とは考えていなかったが、最近見直したらすごく格好良く思えるのが、alfa romeo montreal。
ベルトーネデザインTipo33のレーシングエンジンを積んだスーパーカーだけど、105系シャーシ流用の量産車パーツの寄せ集めや、ショーカーの良さである低いボンネットと優美なフォルムが市販車に活かされず腰高で幅の狭い印象になってしまって影のうすいスーパーカー。
これが「忘れ去れた逸材」と言うべきでしょうか、初期のガンディーニデザインは改めて見ると非常にカッコいいのです。Tipo33のレーシングエンジンも魅力的です。それに評判がいまいち?なのか手に入るギリギリの価格帯。去年ぐらいから値段が上がり始めているので買うなら今回が最後になるかも。

そこで探してみると、これこそ購入したいと思えた個体をドイツのディーラーで見つけた。
72年式 走行距離3.5万キロ フルオリジナル オフホワイトにブルーファブリックの内装がとても良くマッチしていて好み。走行距離が低いことで内装のヤレが見られない。

Fotosatz Alfa Romeo Montreal-1b
Fotosatz Alfa Romeo Montreal-4
Fotosatz Alfa Romeo Montreal-2
さすがドイツというか。エージェントを通してリクエストしたら詳細な画像をすぐに送ってくれた。
整備点検と消耗品の交換をして納車してくれるという。高い買い物なだけに慎重になるけど、この物件以外は無いような気になってきた。

スポンサーサイト
alfaromeo  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。