05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

そうだクラシックカーを買ってみようかな#2 

先日のブログでお伝えしたフラヴィアのその後、eBayサイトから消えた後イタリアのクルマ販売サイトに売り情報が載っていたのを見つけてしまった。結局業者が買い取って即転売したようで、その販売サイトには詳細な画像が載っていた。それを見る限り理想的な程度の良さで今更ながら買い逃したのが残念に思える。

引き続きフラヴィアを探してみたが、これといった理想の物件に巡り合うことがなかった。

で、どうせ海外から入れるなら、少し予算を上げて検討する車種を広げてみようかと考えを変えてみた。ランチア以外のクルマも検討として60年代ぐらいで。
+1万ユーロ予算の幅を広げて乗ってみたいクラシックカーで探すと、あれこれと今まで検討した事の無い車種が候補に浮上。

2.Classic Fiat

Fiat OSCA Pininfarina 1600なんかどうだろう。
フィアット製エンジンをベースにオスカがツインカムヘッドを乗せ、ピニンファリーナ製のボディで仕立てたスポーツカー。シンプルな60年代オープンカーは乗って楽しそうだし、とてもお洒落だ。

eBayで探し当てたのが1964年のフィアットオスカ1600スパイダー。ボディーカラーはモナコブルーをくすませたような微妙な色合いと、内装のベージュレザーのコンビが気に入った個体だ。最近、内外装をレストアしたようで程度がよさそう。こちらをまた輸入代行エージェントに詳細の画像をお願いした。
今回も個人バイヤーで、「雨で写真が撮れない」とか理由をつけてなかなか送ってこなかった。(イタリアの個人バイヤーは見に来れない外国人に売るのは面倒なのか)そして待つこと3週間ようやく送られた詳細写真がこれ。

SPIDER1600 CABRIO-OSCA

FIAT 124 SPIDER 1600 S CABRIO OSCA
ボディカラーはいい感じなのだが、張り替えた内装が全てベージュだったのはガッカリだった。ダッシュボードがベージュは当然オリジナルではない。その他幾つかオリジナルでないレストアをしていた。

screenshot007.jpg
ピニンファリーナディーラーで販売されたクーペボディ。同時にこのタイプも検討していたがスパイダーより台数が少なく売り情報がぜんぜんないのだ。
fiat  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。