03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

フェーエルキャップ 

RIMG1324.jpg

以前ブログで紹介したフェーエルキャップの固着によるキャップ破損の件。代替え品で対応していたのですが、やはりオリジナルキャップを使いたいかなと、解体パーツからもってきたキャップを使う事にした。ただ、ドアキーとフェーエルキャップキーが別になるのが厄介なので、破損したキャップからキーシリンダーを移植することにしました。

RIMG1323.jpg
先ずは解体パーツをばらし。古いグリースを拭き取りきれいにクリーンアップ。

RIMG1322.jpg
差し替えるキーシリンダー。このドアキー、表がランチアロゴで裏がピニンファリーナロゴの物はモンテ専用品。それなのに3種類もあるという厄介なキーなのです。ちなみにキー番号は5から始まるもの、持っているブランクキーは3始まりなので、残念な事に使えないのでした。ドアキーについてはなっくんさんのブログでも紹介しています。

RIMG1316.jpg
破損したキャップ。力づくで開けようとした時のキズが痛々しい。これはこれで、修復して使いたいと考えています。カギは使えないけど(-_-)
スポンサーサイト
lancia  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。