08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

コッパデ東京 

P1000855.jpg
今年も汐留で行われたコッパデ東京に行ってきました。
朝から冷たい雨が降る生憎の天気だったが、兵庫から友人の露天商(趣味)が出店するということで午後から顔を出してきた。
寒い雨のイベントは屋根なしクラシックカーにはかなりつらい。私が到着した時間に、すでに都内を走って戻ってきたクルマが何台かあった。

P1000866.jpg
さすがにこの天気では、ギャラリーもまばら。
友人の商いはどうでしょう。
「もうかってまっか?」旧車イベントなどではおなじみのマニアックなイタリア雑貨屋。普段は会社員です。
彼は前日会社を終えてから、愛車のクワトロポルテを夜通し運転してやってきます。そこまでしてやって来るのは、儲けることが目的というわけではないようです。儲けようと思ったら、ネット販売の方が合理的だと思うのですが、それに
は興味がないようです。自分がイタリアやフランスで選んできた品物をお客さんの顔を見て会話をして手渡しするというのが彼の商いのセオリー。飛行機代や滞在費を考えたら・・・贅沢な趣味ですね。クルマのオーナーやギャラリーとしての参加ではなく、出店してこういうイベントに参加するというのも楽しそうですよ。

P1000838.jpg
どれもめずらしいクルマ達ですが、自分的に目をひいたのはマトラジェットです。ミドシップ初の市販車でしたが、実物を見るのは初めてです。

P1000845.jpg
テールファインが魅力的な50’sサンダーバード。
P1000836.jpg
古いクルマはお尻が丸くどれもかわいいです。
スポンサーサイト
Event  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ランチア ランチ2012 後半 

P1000751.jpg
ランチ始まりました!
天候は日差しも強く日中は半袖でOKという最高の秋晴れです。
外国人ゲストがドライブする3台のコンペティションなストラトス3台がそろって入場。なかなかニクい演出です。

P1000761.jpg
クラブ員の大半をしめるデルタ。今回67台集合。遥か向こう迄デルタですよ。

P1000763.jpg
モンテカルロはいつものメンバーに新たになっくんさんの黒モンテがランチデビューし5台に。

P1000767.jpg
今回ランチアだけでなく、広くラリーカー等を募集したので普段見られないグループBカーが集った。
プジョー205ターボ16、日産240RS、フィアット131ラリー、ルノー5ターボ、フォードRS200。

P1000783.jpg
実車は初めて見るオペルマンタ400 Gr.Bです。かのトイヴォネンもドライブしていた。
P1000784.jpg
サーブ96V4のラリーカーですね。ヨコにmontecarlo V4ってエンブレムが付いていました。
P1000782.jpg
ムナーリ効果でストラトスが16台も集合。ランチ史上最多。この日、初披露のロスマンズカラーのストラトス。レストアが上がったばかりで、このイベントに間に合わせるために空輸され、つい数日前にイタリアから日本に届いたそうです。

P1000825.jpg
P1000826.jpg
ムナーリのデモラン。お年とはいえさすがチャンピオンすばらしい走りです。

P1000804.jpg
お遊びで我がモンテカルロもスラロームに参加。タイムは確認してません。

今回は近年久しぶりに盛り上がったクラブのイベントになりました。それも著名な外国人ゲストを迎える為の準備、スポンサー集め、会場手配等々、クラブ運営メンバーの苦労は大変のものだと思いました。今年から理事の末席に加わり、微力ながら得意な分野で協力し運営を垣間みてよくわかりました。
イベントが大成功で終了したのは、ランチアというブランド対するみんなの熱い思いからでしょう。
ランチに関わった皆様ありがとう。そしてお疲れさまでした。
Event  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ランチア ランチ2012 前半 

今年のランチアランチ、クラブが今年20周年ということで豪華なゲストを招き、大磯プリンスホテルでの開催となりました。ゲストは、ストラトスマイスターのサンドロ・ムナーリ、元祖フライングフィンのシモ・ランピネン、ヌッチオベルトーネの片腕ジャン・ベッペ・パニッコ、そしてストラトス研究家トーマス・ホッパー。
20日前夜祭は大磯プリンスホテルで140名を超えるランチェスタが集い、ゲストと歓談しながら大いにパーティーが盛り上がりました。

P1000732.jpg
ストラトスドライバーと言えばこの人サンドロ・ムナーリ(左)。右は元ランチアワークスドライバーのシモ・ランピネン。たいへん気さくなフィンランド人です。
P1000738.jpg
気軽にサインに応じるムナーリさん。私もこの時の為に持ってきたモンテのパンフレットにサインをもらいました。
P1000831.jpg
モンテカルロオーナーの考える事は同じで、他2名も同じモンテカルロのパンフレットにサインをもらっていました。

P1000745b.jpg
毎回恒例の景品の抽選大会、なんとウチの嫁が早い順番で抽選にあたり、目玉景品であるアリタリア航空の飛行機の模型をゲットしたのでした。でかした嫁!!!さっそくムナーリにサインをもらっています。

ところがこの飛行機の模型、実は翌日のアリタリア航空ブースの展示品で、間違って景品に紛れてしまったということで、ムナーリにサインまでもらったのに没収されてしまいました。替わりの景品も貰えず…

P1000832.jpg
フィンランドに行ったこともあるので、シモ・ランピネンには親しみを感じてしまいました。嫁もパーティーにマリメッコのワンピースを着て、このイッタラのトートバックにサインを貰いました(元ワークスドライバーなのにフィンランド人ていうだけで…)。なんとシモさんの息子さんはフィンランド航空のパイロットだと話してくれた。奇遇ですね私もフィンエアーの仕事をしているのですよと話したかったが、貧弱な英語能力なので聞くだけが精一杯でした。

P1000834.jpg
ランチの参加賞は京商特注ストラトスGr.5 屋根にタイアを載せているレアなモデルで250個限定です。今回パッケージのデザインをやらせてもらいました。

後半につづく。。。。
Event  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

富士トリコローレ 

今年もトリコローレに参加しました!…って、ちょっと遅い報告です。ブログは鮮度が大事だと思っていますが、筆不精なのでなかなか書けませんね。
今年で3回目のトリコローレはギブリでの参加でした。イベントにギブリは初です。少しでもキレイに見せようと珍しく洗車して行きましたが、如何せん塗装のクリアーが割れているので気休め程度。。。

トリコローレはカテゴリーをイタリア車にしぼっただけ、特に規定も無いし、当日参加OKなのでかなり多くのイタリア車が集まりました。割と新しめのクルマが多かったと思います。
イベント自体は、イタ車を眺めながら、まったりとクルマ談義をするだけなので、敷物持参して家族や友人とピクニックを楽しむようなゆるーい感じです。天気もよく、絶好のピクニック日和でした。

P1000689.jpg
今回モンテカルロはモンテさんの1台だけ。多くの方が写真を撮っていて大人気でした。隣のギブリ、分かる人には分かるレアな魅力があると思うのだけど…自画自賛。

P1000683.jpg
ギブリはCapを含め3台来ていました。

P1000704.jpg
新車ような仕上がりのジュリアスプリントスペチアーレ。シャンパーンゴールドに赤の内装が実にエレガントでした。

P1000695.jpg
そしてこちらも奇麗に仕上げられた365GT4BB。発表時のカタログに掲載されたボディーカラーを再現したようで、とても上品です。個人的に512よりこちらが好きです。
前後にカウルを開けると、あっという間に人だかりできるほど、スーパーカー的な魅力満載。
P1000688b.jpg
トコトコと走ってきたフィアット500エステートバン Giardinettaですね。なんかいい雰囲気で、好きなクルマです。
見ると京都ナンバー、遠方からの参加です。
P1000712.jpg
いよいよ、今週末はランチアランチです。サンドロ ムナーリやシモ ラッピネンのラリードライバー、ベルトーネのパニッコなどが参加。みなさん、準備は万端でしょうか!?どうか晴れますように。
Event  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

熱海HISTORICA G.T. 

先週、東洋のモナコ?と言われる熱海にてヒストリックカーイベントが開催され、モンテカルロで参加してきました。台風の接近で天気が心配されたけど、当日はその心配が無用の程の青空。おまけに夏が戻って来たような暑さでエアコン無しのクルマにはかなり厳しかった~
今回が1回目の熱海HISTORICA G.T.は、谷保天のオートモビルクラブジャパンと地元熱海の観光協会の協力により実現したもので、国内外多彩な220台超の旧車が集まる大イベントとなりました。開会式では熱海市長の挨拶があったり、地元の商店の青空市が立ち、飲み物や食べ物の出店あり。地域一丸となってこのイベントを歓迎してくださってることが感じられ楽しい1日を過ごせました。商店街の方々の温泉街を再び賑わいを戻すべく、地元の熱気も感じられました。


RIMG1502.jpg
会場である長浜海浜公園は、海に面した芝生のロケーションで少しだけペブルビーチコンクールの様な感じ。

RIMG1483.jpg
このイベント、モンテ仲間の声掛けもあってモンテカルロが4台も集まりました。モンテさんのブルーメタのモンテカルロ。個人的に一番好きな色かな。

RIMG1506.jpg
ホイールは自分のと同じデザインですが、こちらは131ラリーのよりワイドなタイプ。やっぱ迫力がありますね。

RIMG1488.jpg
多彩な旧車のなかで最も気になったのは、このイノチェンティ・ミニ。ミニ ベースにベルトーネがデザインしたボディをかぶせたクルマですが、同時代のX1/9と同じリアデザインがガンディーニ的でいいな。
RIMG1490.jpg
内装デザインもx1/9と同じ流れのデザイン。

RIMG1495.jpg
皇室の方々がのるようなラグジュアリーな凄い旧車。1910年製のロールス・ロイス・シルバーゴースト。
チキチキバンバンに出てきそうなクルマだ。

RIMG1529.jpg
熱海の商店街を走るパレードランでは、沿道で多くの方が手をふって旧車のイベントを歓迎してくれました。

RIMG1536.jpg
なっくんさんの黒モンテ。たまたま出張で東京に来ていたトレビ乗りのlancistaさんが同乗で参加。帰路、ドライバーチェンジした後思わぬトラブルが起きたようです。詳細はなっくんさんのブログで明かされることでしょう。


帰りは熱海の駅前を散策して、暑さで汗だくだったので温泉に浸かってきました^^
エアコン無し車両での参加の皆さん(大多数の旧車の方)、お疲れさまでした。
Event  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。