04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イタリアンガレージ

  // 

イタリア車にまつわるメンテナンスやコレクション日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

フェンディ マセラティ 

フェンディとのコラボレーションによる特別限定車「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」が世界限定50台で発表された。
その企画ものであるDVDが発売されていたので、早速Amazonで購入してみた。

よく確認せず購入したのが悪かったのだが。。。
”THE WHISPERED”サブタイトルの「イタリアのクラフツマンシップを訪ねて」とは、マセラティフェンディにイタリア美人が乗ってイタリアの職人文化を紹介するロードムービーでした。
てっきりマセラティの工場での製作現場(クラフツマンシップ)かと勝手に思っていたので…
DVDとしては映像もきれいでイタリアの職人文化も興味深くいい作品だと思います。決してハズレなDVDではないと思いますよ。
まぁ、マセラティの工場見学映像だったら、ナショナル ジオグラフィックの「マセラティ スーパー・ファクトリーのすべて」をお勧めします。
RIMG1419.jpg

こんな↓映像が入っていると勝手に思っていた。日本には2台販売されるようですね。
スポンサーサイト
maserati  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ギブリGTのメンテ 

クルマのメンテと家の片付けであっという間に終わってしまった黄金週間。天気が不安定だったせいで気になっていたウッドデッキの塗装は出来なかった。

ギブリ(マセ子)は初めにいろいろ手を掛けてあげたので、最近は特にトラブルなく動いてくれるので、今回はエンジンオイルの交換とボンネットのインシュレータの張り替えのみ。とは言っても結構この張り替えは面倒でした。
RIMG1311.jpg
スポンジのインシュレータは経年劣化して、触るとぼろぼろと粉になってしまいます。なんでこんな耐久性のない素材を選ぶかな~。
剥がし後の糊のカスを取るのがまたひと苦労。剥がしてみて気づいたのが、糊を筆で手塗りしていること。少量生産だけに型を起こしてのプレス物よりコストが安いのだろうか。ボンネットの排気穴も開いていなかったし、他のビトルボ系と共通なのでしょうか。
RIMG1313.jpg
新しいインシュレータを貼って、ボンネットの排気穴は現物合わせで切り取って完成。
新品は見た目にも気持ちいいです。

以前ブログで書いた、不注意によって付けてしまったボディ側面のギズ。
こんな感じでガンディニのプレートを貼って取り敢えずごまかしてみました。
当然隠しきれないので、かえってキズが目立ったりして。。。
RIMG1395.jpg

maserati  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

ショック(T△T) 

RIMG1288.jpg
ちょっとした不注意でボディに20cmぐらいの長めなキズをつけてしまった(T△T)
ガレージからクルマを出す時に、寄りすぎて木箱の金具に引っかけてしまったのだ。
見るとわりと深めのキズでホイールまでもダメージが。。。しばらく放心状態。
お世辞にもきれいなボディではないけど、このキズはかなりショックです。

RIMG1289.jpg
これが問題の木箱の金具。
maserati  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ブレーキ交換する 

RIMG0752.jpg

うちのマセ子のブレーキは前後ブレンボーのキャリパーにドリルドディスクが自慢ですが、パッドもローター共に交換しないといけないほどのギリギリな状態なのです。そこでパーツをネットで探していたところ、タイミングよくブレンボー純正パッドをヤフオクで格安にゲットできた。続いて純正のドリルドディスクを海外で発注したところ、送られて来たのが前期型のソリッドタイプだった。結構面倒だったけど返品して、再度問い合せるとフロントだけ純正のドリルドタイプ在り、リアは欠品でした。とりあえずフロントだけは純正を確保してが、リアをどおするかだ… 研磨して使うことも考えて見たが、研磨限界を超えていた為諦め。ドリルドタイプにこだわらなければ、ブレンボー製のソリッドタイプがEbayで格安に手に入るので、それを手に入れることにした。

RIMG0757.jpg

右側が古いパッド こんな感じで前後ともギリギリでした。

RIMG0760.jpg

交換したドリルドディスク 新品は気持ちがいいな~
純正はグレーで錆止めが塗ってあるが…

RIMG0827.jpg

社外品のリアディスクには錆止めが塗ってないので耐熱スプレーのチタン色でハブの部分を塗っておいた。
ドリルドでない盤面は少しさみしい~
maserati  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

マフラーの交換 

P1000258.jpg

錆で腐って穴だらけのマフラーは車検用にパテで塞いで通しましたが、これを今回交換しました。純正は欠品の様なので、ステンレスやチタンといった社外品のマフラーを選択するしか無い訳ですが、どれも高価。そのため海外から安価な商品を探しました。いつものebayで出品されていたのがイタリアのIMASAF製のマフラー。物が大きいだけにそれなりに送料は高くなりますが、国内で手に入る商品よりは半額以上は安くなったと思います。マフラーは純正準じた造りのスチール製。簡単な耐熱塗装が掛けてあるだけだったので、錆び止めをかねて改めて自分で耐熱塗料をスプレーしておいた。でも錆って内側からくるものなんですよね。
音やパフォーマンスは特に重点を置いていないので、これで十分満足。ただ、今回自分で取り付けたので左右が明らかに段違になってるのが今後の課題ですね。
 
P1000250.jpg

上が取り外した2.8ℓの純正マフラー 小さなサブの太鼓が付いていますが、今回購入した2.0ℓのタイプには太鼓が付かない。排気量が大きい分消音を考えてなのかな?

P1000257.jpg

サイレンサーの位置が段違い。左側が上過ぎですね。
maserati  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。